2008年04月30日

ネイルサロン開業サポート

 今回、私がどういった経緯で現在の仕事である

 ネイルサロン開業専門コンサルタントになったのかをお話します。

 興味があれば読んでください^^

 ↓  ↓  ↓

 今から1年ぐらい前になります、複数のネイルサロンも軌道にのり
 
 その中で一番の売上があるサロンで事件がおきました・・・

 当時は本当に鬼のように忙しく、
 リピーター様のご予約がなかなか取れない状態が続いていました。

 予約帳は数週間先までいっぱいでした・・・

 そうこうしていると、スタッフ達から

 あまりに忙しすぎて体力的にもきつい・・・

 何より、リピーターのお客様方のご予約がとれないということで、
 宣伝広告は、一切やめてほしいとのお願いがありました。

 私自身も代表者として、これ以上スタッフに無理もさせられないし

 何より、リピーターのお客様方にご迷惑をかけることは
 出来ませんので広告宣伝をやめる決断をしました。


 当時は、広告宣伝として、某有名フリーペーパーに広告を出していました。

 契約内容としては10回連続で広告を出すかわりに
 価格が定価の20%引きという内容でした。

 ちょうど8回目の広告が出る前ぐらいでした・・・

 早速、広告代理店の担当の方に連絡をしました。




   私「突然で申し訳ないのですが、広告掲載を中止してください」
  

     担当「どうしてですか?何かご迷惑でも・・・」


   私「あまりに忙しすぎて・・・」
 

     担当「???」


   私「契約上しかたがないと思いますので、8、9、10の3回分の広告料は
     お支払いするので、くれぐれも広告掲載は中止してください」
 

     担当「???」





 数日後、何故か?

 ヘアサロンのオーナーの方やネイルサロンのオーナーの方、
 または、飲食業のオーナーの方などから連絡があり、

 「一度話しが聞きたい」

 「サロンを見学させてほしい」

 「本当にそんなに忙しいのか?」

 「ネイルを導入したいのですが・・・」

 などなど・・・

 どうやら担当の方が営業トークで行く先々で、こんな例もあると話してたそうです。

 しかもそこのサロンはマンションの1室で、しかも看板などは一切 出さず
本当にわかりにくい状態で営業していましたので・・・

 なので、さらにこの話しは本当か?噂が広まったようです^^

 これがきっかけで現在ネイルサロン開業専門コンサルタントです。

 
 ちなみに、広告代については広告を掲載していないのにお金を頂くことは出来ないということで、
7回分を定価でという、良心的な対応をして頂きました。


 この時に感じたことは、目先の損得勘定で判断すのではなく、
 何が正しいのか、正しくないのかで、判断することの大切さを再認 識しました。


 
 ランキングに参加しています!ポチッして頂ければ幸いです^^


                   ↓    ↓    ↓

banner_a1.gif




posted by nailman at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック